2016年1月3日
このはなスキークラブ主催
バッジテスト・ジュニアテスト
リザルト



1級

ゼッケン 氏名 年齢 性別 住所 横滑り 大回り 小回り 小回り
不整地
合計 合否
201 M/S 56 大阪市 70 69 69 70 278 ×
203 K/Y 40 神戸市 70 69 70 279 ×
204 K/M 37 神戸市 70 69 69 70 278 ×
205  A/Y 38 兵庫県
西宮市
70 70 70 71 281
206  T/M 20 兵庫県
尼崎市
 69 69 70 70 278 ×
 207  M/K 53 鳥取市  70 69 70 70 279
合格率 83.3
16.7
33.3
16.7
50.0
0.0
100.0
66.7
16.6
0.0
 

太字は3検定員が合格点を与えたもの
合否欄の△は不合格ですが、検定員のうち1人は合格点に達していた受検者


2級


ゼッケン 氏名 年齢 性別 住所 小回り シュテム 大回り 合計 合否
210 O/S 14 大阪府
堺市
64 64 65 193 ×
2級合格率 0.0
0.0
0.0
0.0
100.0
100.0
0.0
0.0
 

太字は3検定員全員が合格点を与えたもの


ジュニアテスト

ゼッケン 氏名 学年 性別 住所 大回り リズム
変化
小回り 合計 志望  判定
202 S/J 小6 兵庫県
西宮市
70 70 70 210 B1 Jr1
211 A/K 小4 兵庫県
西宮市
69 70 69 208 Jr1 ×
212 K/S 小4 神戸市 66 65 65 196 Jr2 Jr2
215 S/E 小2 兵庫県
西宮市
62 (61) 62 Jr3 Jr3
216 S/A 小4 兵庫県
西宮市
62 (61) 62 Jr3 Jr3
217 K/A 小2 神戸市 60 (60) 60 Jr3 Jr3
 218  O/A 小1 大阪府
箕面市
63   (60)  63 Jr3  Jr3
太字は3検定員全員が合格点を与えたもの
Jr3級はバーン状況により講習内検定としました。

主任検定員
中野吉宏

検定員
黒田守人
西本清

検定バーン
横滑り 千石平 (高丸頂上リフト降り場から) 2走1択
大回り 千石平 (高丸頂上リフト降り場から)     
小回り クリスタル 上部               
小回り不整地 クリスタル下部             

気温 めちゃくちゃ暖かい

閉会式16:00







千石平(せんごくなる)ゲレンデ
 検定員・受検者ともに直前まで開催されるかどうかわからない異常温暖な正月検定会となりました。ハチ高原内にあるクラブ本体からは「開催」と指示されていましたが(よく、私、中野がクラブ長だと思われている方が多いようですが、私はただのクラブ員の一人に過ぎません・・・・)、前日に現地入りした検定員の黒田から「かなり厳しいバーン状況」という連絡があり、受検ネット申し込みの方には「受講・受検の状況としては満足していただける状況でない」というお断りを送信しました。それでも、直前のキャンセルはなく、多くの方に来場していただきました。ありがとうございます。

 バーン状況は時間単位で刻々と悪化していき、前日、想定していたバーンも当日には使えない状態、移動すら困難な状況になっていました。1級班:黒田、2級班:西本、ジュニア3級班:中野が担当しました。検定当日使用できたバーンはクリスタル(人工造雪バーン)と千石平のみで、人工造雪バーンは非常に混雑、千石平は刻々と雪が消えていく状態でした。千石平は14時にリフト運行終了という情報が入ったため、ジュニア3級は講習内検定とし、事前講習終了後、直ちにバッジテストとジュニアテスト1〜2級へと移行しました。

 横滑りは1走していただいた後、バーンコンディションの状態が滑走順で著しく不公平になると判断し、逆ローテーションで2走していただき点数の良い滑りの点数を採用しました。また、回転数は3回以上で良いとしました。そのほかの種目も決して良いバーン状況ではありません。

 バーン状況等の悪さは採点時に十分配慮いたしましたが、バッジテストに関しては厳しい結果となりました。これはシーズン初めの滑走量不足(練習不足)に起因していると思われます。今シーズンは検定員も1月3日までもほとんど滑ることができていませんでした。当方としても、満足のいく事前講習会、検定会ではありませんでしたが、今回の合否にかかわらず、また、受講・受検にかかわらず、このはな・ハチ高原に足を運んでいただければと存じます。

 これまで、ハチ高原で雪の少ない正月・1月というのは何度か経験しましたが、ここまで暖かい1月というのは初めてです。2月以降の積雪に期待したいと思います。